「寶貝」

「我喜歡我的名字,為甚麼不能叫我的名字?」

「...OO」

遲疑地,勉強還是喊出口了,卻不如想像中的動聽。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「OO,生日禮物,我只會這個(笑)」

「OO」

「OO」

恩,其實我們不熟,但是我喜歡你喊我名字的聲音。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

太多時候,比起似有若無的寶貝...
正視著、認真的、真誠的輕輕喊出我的名字的,更令人蕩漾。

スポンサーサイト

久しぶりの日記なんですが、
いよいよ新しい一年ね~
昔毎年の新年のとき、これみたいの日記を書きますね。
去年のことちゃんと書くて、記録して、そして思してた。
去年いろいろことがあったな~
彼と分かれたは一番印象に出でのことだった。

悲しい感情がなし、
ただ純粋で、一人になりました。
でも、全然嫌いじゃない~
多分私も昔の自分じゃないね~

この日々で、私はちゃんと考えましたよ~
もし、二人の関係の中で、自分が自分らしくないなら、
絶対駄目の事なんだ、
だっで、あれ全然楽しくないさ~

だから、そのままでいい!

新しい一年も、頑張ろうぜ~



2015.08.30閱畢。



是習慣的空間和習慣的聲音,
即使做著不習慣的事情還是覺得自在。
喜歡一個人卻還是害怕寂寞,
當靜的只剩下一個人的時候,
生命仿佛失去了動力。

喜歡在有人陪伴的時候靜靜思考,
因此…若是有人能夠靜靜陪伴…那就好。
一個和我一樣喜歡陪伴又喜歡一個人的人。

公司的同事是很少下班後還會一起吃飯的,
今天很難得!
下班後的小聚,和上班的話題全然不同,
喜歡這樣的自然還有聆聽,
愉快的夜晚。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。